Voicy大好きジムボルダラー妄想記

Voicy拝聴記録とボルダリングコンペを語るブログ。

タグ:adam

2020年8月21日(予選) 8月22日(準決勝・決勝)
リードワールドカップがブリアンソン(フランス)
で行われました。
新型コロナウィルス流行の影響で
ヨーロッパ諸国の選手達のみ参加となりましたが
どきどきする展開で、手に汗が。

男子はAdam Ondra
女子はJanja Garnbret
の決勝戦での安定感は流石で画面の前で一人声出してました。
その中でひと際目立っていた選手が
Laura Rogora 
ユース世代の実績や岩での実績を考えれば
驚くことではないのですが、
ワールドカップ初メダルが金メダル!!

韓国・中国・日本等アジアの選手達が
参戦した時どういう結果になるのか
今からわくわくしています。






ほんじゃまた

2019年4月13日(予選) 4月14日(準決勝・決勝)
ボルダリングワールドカップ第2戦がモスクワ(ロシア)
で行われました。

準決勝結果
MEN
1 ONDRA Adam
KAWAMATA Rei
PEHARC Anze 
OGATA Yoshiyuki 
5 TIMONOV Vadim
KRUDER Jernej
7 CONRU Manuel
8 INOUE Yuji
FUJII Kokoro 
10 CHON Jongwon 
11 RUBTSOV Aleksey 
12 HOJER Jan
13 NIKOLAI Iarilovets
14 LEVIER Alban
15 MEGOS Alexander
16 SUGIMOTO Rei 
17 ISHIMATSU Taisei
18 MAWEM Mickael
19 TAKATA Tomoaki
20 KHAZANOV Alex  

WOMEN
COXSEY Shauna
JANJA Garnbret
3 GIBERT Fanny
4 PILZ Jessica
RAKOVEC Lucka
ITO Futaba
SA Sol
KLINGLER Petra
YIP Alannah
10 PHILLIPS Emily
10 KAZBEKOVA Levgeniia
12 LETTNER Sandra
13 ZHANG YueTong
14 KUZMENKO Irina
14 HONIG Afra
16 CONDIE Kyra
17 GROSSMAN Natalia
17 FARBER Johanna
19 KADIC Katja
20 SCHWAIGER Berit

動画


男子決勝
初戦から続けて決勝進出はADAMのみで
今年も群雄割拠な予感の中
今大会もADAMかなぁって流れの中、
最終課題JERNEJが
唯一で且つFlashして優勝!!
今年も、全大会違う選手が優勝
ってことが起こりうる

女子は、JANJAと復活したSHAUNAと
安定のFANNYが表彰台
今大会出場選手の中では、この3人が抜けていると思う。
ものすごく厳しい設定の準決勝から、
全選手の良い面を観ることができるような
設定だった決勝。
この3人に野口、野中両選手が入った戦いが観たい!!




ほんじゃまた。

2019年4月5日(予選) 4月6日(準決勝・決勝)
ボルダリングワールドカップがマイリンゲン(スイス)
で行われました。

準決勝結果
MEN
1 ONDRA Adam
2 NARASAKI Tomoa
3 SUGIMOTO Rei
4 FUJII Kokoro
5 CHON Jongwon
5 TAKATA Tomoaki
7 RUBTSOV Aleksey
8 OGATA Yoshiyuki
9 ISHIMATSU Taisei
10 DOHI Keita
11 KRUDER Jernej
12 REUSER Tim
13 PAN YuFei
14 KHAZANOV Alex
15 PEHARC Anze
16 MEGOS Alexander
17 COLEMAN Nathaniel
18 GHISOLFI Stefano
19 PHILLIPS Nathan
20 VEZONIK Gregor 

WOMEN
1 JANJA Garnbret
1 NOGUCHI Akiyo
3 GIBERT Fanny
4 KLINGLER Petra
5 COXSEY Shauna
6 MACKENZIE Oceania
7 JOHNSON Alex
8 CONDIE Kyra
9 ITO Futaba
10 HONIG Afra
11 LETTNER Sandra
12 KADIC Katja
13 KAZBEKOVA Levgeniia
14 SCHWAIGER Berit
15 YIP Alannah
16 RAKOVEC Lucka
17 CHANOURDIE Julia
17 SA Sol
19 PINGGERA Julia
20 PHILLIPS Emily

動画



決勝結果
MEN
優勝 ONDRA Adam
準優勝 NARASAKI Tomoa
3位 SUGIMOTO Rei
4位 FUJII Kokoro 
5位 CHON Jongwon 
6位 TAKATA Tomoaki

WOMEN
優勝 JANJA Garnbret
準優勝 NOGUCHI Akiyo
3位 COXSEY Shauna
4位 GIBERT Fanny
5位 KLINGLER Petra
6位 MACKENZIE Oceania

決勝動画


初戦からなのか、初戦やからなのか
男女とも本当に面白い決勝でした。

男子2課題目の登り方が全員違ったことや
4課題目のクラック課題(ADAMだけ異次元w)
結構前に瑞牆で見た室井さんの、ジャム技術に衝撃受けたの思い出した。

女子も、1課題目登った2人が2課題目は登れず、
1課題目登れなかった他4人が2課題目登るっていう
展開が推し量れない状況。
JANJAは指先ちょっと皮膚がちょっと開いたらしいけど、
2~4課題目は、そんなの意に介さずの強さ。
JANJAに勝つには、JANJAが9割で、他選手が10割の力でないと
難しそうに感じた。

気になったのは、SHIRAISHI Ashima 1zoneのみって成績は
ケガでもしたかな?

4/12-14のモスクワ大会は
今大会表彰台に登った、楢﨑選手と野口選手は出場しないので、
また違った展開になりそう。

ワールドカップ関係ないけど、
コンバインドジャパンカップを観戦に行くかどうか悩む。
愛媛かああああああ。

ほんじゃまた。

クライミング世界選手権ボルダリング男子が
終了しました。

原田海選手優勝!!
実際にその瞬間、同じ空間に居たかった。
ワールドユースで見せた姿から、
短期間でのこの結果。

ワールドカップ最終戦でも、
実況が、何回もワールドユースの件に触れる程
印象的だったシーン。

同じような展開で、決勝最終課題を
フラッシュ!!
もうスゲ~よ。

優勝インタビューで、いつも通りの登りを
心がけてたって言ってたけど、
それを実行できる19才。

ホント尊敬。

SFTのアパレル買いたくなる。

結果


本日(9/16)行われる
コンバインド(オリンピックルール)
決勝出場予定選手
女子
Janja Garnbret
Jessica Pilz
Akiyo Noguchi
Miho Nonaka
Petra Klingler
Sol Sa

野中選手 ケガ(右肩)の状態が気がかり。

男子
Kai Harada
Tomoa Narasaki
Jakob Schubert
Kokoro Fujii
Adam Ondra
Jan Hojer

楢﨑選手が総合力では勝ってると思う。

ほんじゃまた。

今後の日程(日本時間) YOU TUBE中継有
9月16日 18:00 COMBINED WOMEN 決勝
9月16日 20:30 COMBINED MEN 決勝

4月13日にスタートし、8月19日にフィナーレを迎えた

ボルダリングワールドカップ2018

勝手に総括。

女子年間ランキングTOPは、
野中生萌
野中選手は、初戦優勝で、2~7戦全て2位って安定感。
最終戦、最終課題をフラッシュしたときの涙に感動。

2位
野口啓代
野口選手は、3~5戦優勝と1、2、6、7戦が3位。
やっぱり八王子大会での優勝が印象的。
わえが、初めて生で観た、2009年 加須のワールドカップで
優勝したことが思い起こされた。

延べ21人しか登れない、表彰台に
2人で14回登った凄まじさ!

Janja Garnbret
初戦2位、2、7戦が優勝
全戦出場してたら、どうなったかに興味ある。

ALEX PUCCIO
唯一参戦した、6戦のVAIL大会で優勝。
世界選手権前に、ケガだけはしないように祈ってます。

Fanny GibertGejo StasaEkaterina Kipriianova,
が3位に1度ずつなっただけ。

最終的なボルダリングワールドカップランキング
TOP20内でJanja Garnbret(19)より年下が
伊藤ふたば(16)、中村真緒(18) 両選手のみで

来年この勢力図が、混沌としていることに期待。

男子は、群雄割拠
常に誰が勝ってもおかしくない状況。
全7戦で、優勝者が違い
且つ、その内4人が初優勝!

開幕戦優勝者(初優勝)
Jernej Kruder 
初戦優勝の勢いのまま、年間タイトルゲット!
これが、初優勝とは信じられない。
表情豊かで大好きな選手。

第2戦優勝者
楢崎智亜 

第3戦優勝者
藤井快

第4戦優勝者(初優勝)
Alex Khazanov

第5戦優勝者(初優勝)
Gabriele Moroni

第6戦優勝者
杉本怜

第7戦優勝者(初優勝)
Gregor Vezonik

どの大会にも、いろんなドラマがあり
個人的に過去最高のワールドカップだった。
特に第5戦の八王子大会は、
生で観戦したこともあり、感動的だった。

来月の世界選手権で、どんなドラマが生まれるのか
ワクワクが止まらない。
(〇〇が止まらないってなると、
〇〇にロマンチックを入れてしまう程度におじさんw)

って、どうでもいい話は、置いておいて
Adam Ondraがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか
に一番興味がある。
コーディネーションの練習しているみたいだし。

ほんじゃまた。

関連記事
ボルダリングワールドカップ2018第1戦 マイリンゲン スイス 予選
ボルダリングワールドカップ2018第1戦 マイリンゲン スイス 準決勝
ボルダリングワールドカップ2018第1戦 マイリンゲン スイス 決勝

ボルダリングワールドカップ2018第2戦 モスクワ ロシア 予選
ボルダリングワールドカップ2018第2戦 モスクワ ロシア 準決勝
ボルダリングワールドカップ2018第2戦 モスクワ ロシア 決勝

ボルダリングワールドカップ2018第3戦 重慶(Chong Qing)大会 予選
ボルダリングワールドカップ2018第3戦 重慶(Chong Qing)大会 準決勝
ボルダリングワールドカップ2018第3戦 重慶(Chong Qing)大会 決勝

ボルダリングワールドカップ2018 第4戦 泰安(Taian)大会 予選
ボルダリングワールドカップ2018 第4戦 泰安(Taian)大会 準決勝・決勝

ボルダリングワールドカップ2018年 第5戦 八王子大会 予選
ボルダリングワールドカップ2018年 第5戦 八王子大会 準決勝・決勝

ボルダリングワールドカップ2018年 第6戦 VAIL(USA)大会 予選
ボルダリングワールドカップ2018年 第6戦 VAIL(USA)大会 準決勝・決勝

ボルダリングワールドカップ2018年 第7戦(最終戦) MUNICH(GERMANY)大会 予選
ボルダリングワールドカップ2018年 第7戦(最終戦) MUNICH(GERMANY)大会 準決勝・決勝


↑このページのトップヘ