Voicy大好きジムボルダラー妄想記

Voicy拝聴記録とボルダリングコンペを語るブログ。

タグ:JANJA

去年のブログでショーとしては、
World Cupや世界選手権より
adidas ROCKSTARSの方が面白いって書いたんですが
今もそれは変わらず。
(World Cupや世界選手権も大好きです)









2019年9月15日朝の3時15分から起きて観てました。
いつか生観戦したい。

女子結果
男子結果

女子優勝は、
Ito Futaba
Janja Garnbretに勝ったのは凄すぎる。
東京オリンピックの最終切符争い面白くなってきた。
この大会は、選考関係ないけど。

準優勝は、Janja Garnbret
今大会のルールなので、準優勝ですが、
通常ルールなら優勝してたので、やはり強い。

男子優勝は、
Ogata Yoshiyuki
決勝は圧倒的で文句ない優勝

準優勝は、
Klingler Florian
速攻、今回の実績が、プロフィールに載ってる(笑)

ほんじゃまた。

2019年8月11日から21日
クライミング世界選手権開催されました。
IMG_1479
IMG_1480

8月20日 Womenコンバインド決勝
結果


IMG_1670
IMG_1669
IMG_1668

ボルダリング最終課題のShauna Coxsey
競技中に何とか会場IN

もしAkiyo NoguchiがリードでもTopになれば
コンバインド優勝出来る展開。
IMG_1672

最初の競技者 森秋彩選手が完登し
会場大盛り上がり!!
下部(11手あたり)で危うかった部分があったけど
見事挽回する素晴らしい登り。

その後Janja Garnbretも完登するも
完登タイムの差で、Janjaが暫定Top
Top直前でロープを踏んでいる状態になっていたにも関わらず、凄い!!

完登且つタイムも
Janjaより早ければ
Akiyo Noguchiが優勝の展開
終了点タッチで
Janjaの今大会3冠が決定
でも
Akiyo Noguchiのパフォーマンスは素晴らしかった!!
決勝動画


8月21日 Menコンバインド決勝
結果
ボルダリング競技スタートから観戦
IMG_1675
Tomoa Narasakiが異次元の動きで
唯一の全完登


IMG_1692
女子同様、男子も最初の競技者が完登で
会場大盛り上がり!!
Jakob Schubert流石



想いで動画



ほんじゃまた。

2019年8月13日
クライミング世界選手権開催中
IMG_1479
IMG_1480

8月13日 ボルダリング 準決勝・決勝

WOMEN SEMI FINAL 結果

MEN SEMI FINAL 結果
何とか生観戦に行けた決勝!!
WOMEN FINAL 結果
IMG_1597

第1課題 1番手のShaunaが時間ギリギリで完登!
流石勝負強い!多分未だ完調ではないはずなのに。

野口選手が、ZONE保持の後、ヒザあげで対処して
場内大盛り上がりで完登!!

その後のJanja
IMG_1598
思わずつぶやいた、どんな肩してんの!?

2課題目、誰もZONEを保持出来ない中
Janja
これで決まったなって思った。

3課題目、野中選手とKAZBEKOVAが完登
ほか4人はZONE保持出来ず。
野中選手は肩のケガが完璧じゃない中、
本当に凄い!!

4課題目、上位3人がFLASHで綺麗に終了
IMG_E1610
野中選手には今大会終了後半年位は休養して欲しい。
優勝は2大会連続
Janja Garnbret

MEN FINAL 結果
IMG_1613
結果課題を完登したのは、楢﨑智亜選手のみ!!
登った2課題とも6トライしていることを考えると
どの課題も相当難しい。
2課題目と4課題目 ZONE後のADAMを観たかった。

優勝は、乗ったら止められない
Tomoa Narasaki

WOMEN準決勝動画


MEN 準決勝動画


WOMEN 決勝動画


MEN決勝動画


ほんじゃまた。

先週末(2019年6月9日)ボルダリングワールドカップが閉幕。
来月(2019年7月4日)からリードワールドカップが
スイスのVILLARSで始まります。

注目は、当然Janja Garnbret
ボルダリングは全勝でしたが、リードはどうなるでしょうか?
2018年は、1位(タイ含む)4回・2位 3回
対抗できるのは、Kim Jain, Jessica Pilz の両名でしょう。
個人的には森秋彩選手に期待しています。

男子は、Adam Ondra  Jakob Schubert Stefano Ghisolfi
3名の争いでしょうか。
Janja GarnbretDomen Skofic の同時優勝が観たいって
個人的願望があります。


8月の世界選手権を楽しむために、全戦チェックしたいと思います。

ほんじゃまた。

長いリードワールドカップ 2018も
とうとう最終戦です。
男子は、JAKOBの年間優勝が決定していますが、
女子は、JANJAJESSICAの一騎打ち。
って言ってもJANJA圧倒的有利な状況
JANJAが決勝に残れない状況が、まず考えられないから。
(過去6大会1位4回、2位2回)
だからこそ、第6戦の決勝打ち切りが、本当に残念。

それと、毎回思うけど
中国開催って参加選手少ないの何でだろう?

そんな中、日本人選手3人ずつ決勝進出。
女子
田嶋選手小武選手野口選手

男子
波田選手本間選手、西田選手

野口選手は、ホント安定してて、出場した
4大会全てで決勝進出。
田嶋選手は、今シーズン唯一で、ワールドカップ出場すら3年ぶり
でこの結果は凄い!!
岩では、瑞牆の夜叉も登ってるし、BJCでも優勝したことあるし、
リードの実績はもっと凄いから、そこまでビックリする事じゃないのかも
だけど、やっぱり凄い。

決勝は、晴れてたのでとりあえずホッとした。

JESSICAJANJAは強かった。
野口選手が、落ちてしまったところを難なく通過してTOP
カウントバックで、JESSICAの優勝!!

女子結果

JAKOBが居ない決勝の男子
太いバナナ状のホールドを半分の選手が保持できず。
DOMENSTEFANOが同高度。
カウントバックでDOMENの優勝!!
パートナーのJANJAが嬉しそうだったのが微笑ましい。

男子結果

年間成績は、
女子
1位 JANJA
2位 JESSICA
3位 KIM JAIN

男子
1位 JAKOB
2位 STEFANO
3位 ROMAIN
3位 DOMEN




半年ほどワールドカップロスになるんで
生活の楽しみが。。。

ほんじゃまた。

↑このページのトップヘ