Voicy大好きジムボルダラー妄想記

Voicy拝聴記録とボルダリングコンペを語るブログ。

タグ:西田

2019年12月21日~12月22日
埼玉県加須市で
第10回全国高等学校選抜クライミング選手権大会
が行われました。
歴代出場者の中には、今も一線級で活躍されている方々も沢山いらっしゃいます。
第1回から8回の結果
前回第9回大会の結果





女子結果
優勝は、1年生の柿崎未羽選手

男子結果
優勝は2年連続 西田秀聖選手
今年はワールドカップでも優勝し
リードでは日本top選手

5年後のパリオリンピックでは、今大会出場選手が
金メダルを獲得する可能性も。

ほんじゃまた

2019年7月19日(予選・準決勝) 7月20日(決勝)
リードワールドカップがブリアンソン(フランス)
で行われました。

準決勝結果
MEN
BAILEY Sean
1 SHIMIZU Hiroto

BOSI William
MCCOLL Sean
5 TANAKA Shuta

SKOFIC Domen
BOMBARDI Marcello
8 NISHIDA Hidemasa

PAN YuFei
10 
DESGRANGES Romain
11 
FLOHE Yannick
12 RUANA Rudolph

13 
LEHMANN Sascha
14 
COLEMAN Nathaniel
15 
GHISOLFI Stefano
16 
MEGOS Alexander
17 MONCHOIS Nao

18
RUDIGIER Max
19 SCHIESTL Matthias

20 
KIM Hanwool
21 DOHI Keita
22 
GINES LOPEZ Alberto
23 DOMITRY Fakiryanov
24 
LINACISORO MOLINA Mikel Asier
25 PUMAN Hannes

26 
JOANNES Thomas

WOMEN
SEO Chaehyun
TANII Natsuki
JANJA Garnbret 
MIA Krample
ZHANG YueTong
SHIRAISHI Ashima
LUKAN Vita 
8 ARTHAUD Nina

SCHRANZ Christine
10 
KOTAKE Mei
11 
HIRANO Natsumi
12 MARKOVIC Mina

13 
HAYES Margo
14 
RAKOVEC Lucka
15 
KAZBEKOVA Levgeniia
16 
THOMPSON-SMITH Molly
17 KALAN Tjasa

18 ROGORA Laura
19 
POSCH Katharina
20 KOLLER Anne-Sophie

21 FISER Julia
22 
DOUMONT Heloise
23 
GIBERT Fanny
24 
CHANOURDIE Julia
25 GHISOLFI Claudia

26 ARC Nolwenn


動画


決勝結果
MEN

優勝 
NISHIDA Hidemasa

WOMEN

優勝
Seo Chaehyun

決勝動画


男子は、なんと日本選手が表彰台独占
4A79BD19-ADF9-42D6-89FE-5F0E35DDAE95
凄すぎでしょ。

女子は、JANJA Garnbret
が完登して、前回大会の面目躍如!!
で優勝と思いきや、最終競技者の
SEO Chaehyunも完登し2戦連続優勝
ゴール取り厳しいかな?って予想してたけど
問題なかった。

個人的ベストシーン
D14FDA2C-F17E-4822-AAE5-CA5C202B518C

ほんじゃまた。

長いリードワールドカップ 2018も
とうとう最終戦です。
男子は、JAKOBの年間優勝が決定していますが、
女子は、JANJAJESSICAの一騎打ち。
って言ってもJANJA圧倒的有利な状況
JANJAが決勝に残れない状況が、まず考えられないから。
(過去6大会1位4回、2位2回)
だからこそ、第6戦の決勝打ち切りが、本当に残念。

それと、毎回思うけど
中国開催って参加選手少ないの何でだろう?

そんな中、日本人選手3人ずつ決勝進出。
女子
田嶋選手小武選手野口選手

男子
波田選手本間選手、西田選手

野口選手は、ホント安定してて、出場した
4大会全てで決勝進出。
田嶋選手は、今シーズン唯一で、ワールドカップ出場すら3年ぶり
でこの結果は凄い!!
岩では、瑞牆の夜叉も登ってるし、BJCでも優勝したことあるし、
リードの実績はもっと凄いから、そこまでビックリする事じゃないのかも
だけど、やっぱり凄い。

決勝は、晴れてたのでとりあえずホッとした。

JESSICAJANJAは強かった。
野口選手が、落ちてしまったところを難なく通過してTOP
カウントバックで、JESSICAの優勝!!

女子結果

JAKOBが居ない決勝の男子
太いバナナ状のホールドを半分の選手が保持できず。
DOMENSTEFANOが同高度。
カウントバックでDOMENの優勝!!
パートナーのJANJAが嬉しそうだったのが微笑ましい。

男子結果

年間成績は、
女子
1位 JANJA
2位 JESSICA
3位 KIM JAIN

男子
1位 JAKOB
2位 STEFANO
3位 ROMAIN
3位 DOMEN




半年ほどワールドカップロスになるんで
生活の楽しみが。。。

ほんじゃまた。




Youth B 女子に森選手が居ないのは、やはり寂しい。
ゆっくり静養して、良くなって下さい。




Junior男子結果
Junior女子結果

Youth A 男子結果
Youth A 女子結果

Youth B 男子結果
Youth B 女子結果

Youth Bの男女最終クライマーが、完登して終わるっていう
キレイなフィナーレ!!

決勝も見ごたえがあって、良かったんですが、
Youth Bの準決勝 50分くらいからのコーチング論が興味的でした。
英語力がそこまでないので、未だはっきりとは理解出来てないですが
そこだけ何回も聞きなおしたいと思ってます。

Charlie Boscoe IFSC Youtubeライブの実況と
Bobby Taft Pittman USAクライマーのトーク。

今週末には、ボルダリングワールドカップ最終戦が
ミュンヘンで行われます。

Youth AやJuniorで出場していた選手達も数名エントリーされています。
タフなスケジュールですが、頑張って欲しいです。

関連記事
ボルダリングワールドカップ2018年 年間ランキングTOP20 Instagram Account 女子
ボルダリングワールドカップ2018年 年間ランキングTOP20 Instagram Account 男子

↑このページのトップヘ