Voicy大好きジムボルダラー妄想記

Voicy拝聴記録とボルダリングコンペを語るブログ。

タグ:本間

2019年11月6日~11月10日
インドネシアのBOGOR(JAKARTA近郊)にて
Asian Championships 2019が行われました。

男子はSPEED以外全て、日本選手が表彰台独占!!
女子はSPEEDの選手がCOMBINED優勝と面白い結果に。

男子
リード
優勝     FUJII KOKORO
準優勝 TANAKA SHUTA
3位      HOMMA TAISEI

ボルダリング
優勝     KONISHI KATSURA
準優勝 FUJII KOKORO
3位      KAWAMATA REI

コンバインド
優勝     FUJII KOKORO
準優勝 OGATA YOSHIYUKI
3位      IMAIZUMI YUTA

女子
リード
優勝     SEO CHAEHYUN
準優勝 KURA NANAKO
3位      KHARISMA RAGIL RAKASIWI

ボルダリング
優勝     SEO CHAEHYUN
準優勝 KURA NANAKO
3位      LEE HUNG YING

コンバインド
優勝    NURUL IQAMAH 
準優勝 KURA NANAKO
3位      LEE HUNG YING

オリンピック選考は、ごたごたしてますが
早く結果が出て、選手が大会に集中できることを
願っています。
2020年東京五輪代表選考に関するご報告(CASへの提訴の経緯)について

2019年10月19日(予選) 10月20日(準決勝・決勝)
リードワールドカップがXiamen(中国)
で行われました。

準決勝結果
MEN
HARADA Kai
ONDRA Adam
GINES LOPEZ Alberto
GRUPPER Jesse
NARASAKI Meichi
BAILEY Sean
HOMMA Taisei
NARASAKI Tomoa
POPE James
10 
HALENKE Sebastian
11 
FUJII Kokoro
12 
BOMBARDI Marcello
13 
FLOHE Yannick
13 
GHISOLFI Stefano
15 
KONECNY Jakub
16 HANKE Christoph

17 
PAN YuFei
18 RUBTSOV Aleksey

19 
STRANIK Martin
20 PICCOLRUAZ Michael

21 KHAZANOV Alex

22 LEE Dohyun

23 SHEVCHENKO Vladislav
24 LEE Sungsu

25 DESGRANGES Romain


WOMEN
JANJA Garnbret 
SEO Chaehyun
ZHANG YueTong
KIM Jain
NOGUCHI Akiyo
KAZBEKOVA Levgeniia
TANII Natsuki
MORI Ai
RAKOVEC Lucka
10 
FISER Julia
10 
HIRANO Natsumi
10 KIM Lan

10 
ROGORA Laura
10 ROMAIN Salome

10 SCHRANZ Christine

10 TAJIMA Aika

10 
THOMPSON-SMITH Molly
18 HIROSHIGE Yuki
19 
REKABI Elnaz
20 
CHANOURDIE Julia
20 
HAYES Margo
22 
DOUMONT Heloise
23 KRASOVSKAYA Elena

24 MIA Krample
25 
SHIRAISHI Ashima
26 
KOTAKE Mei
27 POTAPOVA Nika

動画

決勝結果
MEN

優勝 
ONDRA Adam

WOMEN

優勝 SEO Chaehyun

決勝動画


HOMMA Taisei 
が準優勝!!

HARADA Kai
 
は完登してれば優勝だったけど
ゴール落ちでかなり惜しかった。

女子は、
SEO Chaehyun
がワールドカップ4連勝!!
この勢いがどこまで続くか楽しみ。


ほんじゃまた。

長いリードワールドカップ 2018も
とうとう最終戦です。
男子は、JAKOBの年間優勝が決定していますが、
女子は、JANJAJESSICAの一騎打ち。
って言ってもJANJA圧倒的有利な状況
JANJAが決勝に残れない状況が、まず考えられないから。
(過去6大会1位4回、2位2回)
だからこそ、第6戦の決勝打ち切りが、本当に残念。

それと、毎回思うけど
中国開催って参加選手少ないの何でだろう?

そんな中、日本人選手3人ずつ決勝進出。
女子
田嶋選手小武選手野口選手

男子
波田選手本間選手、西田選手

野口選手は、ホント安定してて、出場した
4大会全てで決勝進出。
田嶋選手は、今シーズン唯一で、ワールドカップ出場すら3年ぶり
でこの結果は凄い!!
岩では、瑞牆の夜叉も登ってるし、BJCでも優勝したことあるし、
リードの実績はもっと凄いから、そこまでビックリする事じゃないのかも
だけど、やっぱり凄い。

決勝は、晴れてたのでとりあえずホッとした。

JESSICAJANJAは強かった。
野口選手が、落ちてしまったところを難なく通過してTOP
カウントバックで、JESSICAの優勝!!

女子結果

JAKOBが居ない決勝の男子
太いバナナ状のホールドを半分の選手が保持できず。
DOMENSTEFANOが同高度。
カウントバックでDOMENの優勝!!
パートナーのJANJAが嬉しそうだったのが微笑ましい。

男子結果

年間成績は、
女子
1位 JANJA
2位 JESSICA
3位 KIM JAIN

男子
1位 JAKOB
2位 STEFANO
3位 ROMAIN
3位 DOMEN




半年ほどワールドカップロスになるんで
生活の楽しみが。。。

ほんじゃまた。



女子結果
男子結果

女子は、Jessica Pilzが初優勝!!
今大会はJanjaを圧倒しての優勝!
決勝のTop(ゴール)直前、開脚してのクロスに
「マジかっ!」って声出ましたw
しかも、その時点でパンプ(乳酸が溜まって、腕が張っている状態)
してたって言ってたしw

インタビューで、ちょっと風邪っぽかったって話してて、
さらに衝撃。

無駄な力抜けて、良いパフォーマンス発揮できる事があるのは
レベルは違えど少しだけわかる。

男子は、Stefano Ghisolfiがヨーロッパの大会で初優勝!
「時間なかったから、ただ跳んだ」って状態でTopで
格好良かった。

やっぱり、優勝が、Topで決まるのは気持ちいい。

それよりも、決勝のメンツにRomainが居ないことに
スゴク違和感があった。
地元で優勝したかった、だろうから残念。

第3戦も地元フランスなので、ドラマチックの結末を期待してます。

You TubeでのLive中継。
英語の勉強にもなるので、趣味と実益を兼ねられて良い教材。


ほんじゃまた。


↑このページのトップヘ