Voicy大好きジムボルダラー妄想記

Voicy拝聴記録とボルダリングコンペを語るブログ。

タグ:リード

2020年8月21日(予選) 8月22日(準決勝・決勝)
リードワールドカップがブリアンソン(フランス)
で行われました。
新型コロナウィルス流行の影響で
ヨーロッパ諸国の選手達のみ参加となりましたが
どきどきする展開で、手に汗が。

男子はAdam Ondra
女子はJanja Garnbret
の決勝戦での安定感は流石で画面の前で一人声出してました。
その中でひと際目立っていた選手が
Laura Rogora 
ユース世代の実績や岩での実績を考えれば
驚くことではないのですが、
ワールドカップ初メダルが金メダル!!

韓国・中国・日本等アジアの選手達が
参戦した時どういう結果になるのか
今からわくわくしています。






ほんじゃまた

スポーツクライミング
第33回リードジャパンカップ (LJC2020)
が、岩手県営運動公園にて
8月9日(男子予選)、8月10日(女子予選・男子準決勝)
8月11日(女子準決勝・男女決勝)行われました。

本来であれば、2020年3月7日(土)~2020年3月8日(日)に
開催予定だった当大会ですが、
スポーツイベント自粛要請により延期されて5カ月後に
待望の開催!!

無観客での開催だったので、現地観戦はかなわなかったですが
YouTube観戦とは言え、久しぶりに大会観戦が出来て感慨深かったです。
選手達の活躍やルートを観戦することも、大好きなことを改めて感じました。

大会開催において良い環境ではない中、
出場した選手および大会運営に関わった方々全ての人に感謝します。
大会開催ありがとうございました。

男子予選



女子予選



男子準決勝



女子準決勝



男女決勝



スポーツクライミング第33回リードジャパンカップ結果 

男子優勝した西田秀聖選手の髭に
大人になったなあ(誰目線w 後まだ17才)って思いつつ
決勝の登りに感動。
下部の登りを観ていて、調子悪いのかな?って
思った私はリード観戦素人だなって痛感。

来週2020年8月21日/22日にリードのワールドカップが
ブリアンソン(フランス)で今シーズン初開催(日本人選手は不参加)
配信があるかどうかはわかりませんが、
大会でJanja Garnbretが観戦できることを期待!!

ほんじゃまた。

2019年のリードワールドカップ
年間ランキング(女子)
TOP25 Instagramアカウント
リードワールドカップ INSTA

ランキング(敬称略)
SEO Chaehyun
JANJA Garnbret 
3 MORI Ai

RAKOVEC Lucka
NOGUCHI Akiyo
MIA Krample
TANII Natsuki
PILZ Jessica
9 ZHANG YueTong

10 KIM Jain
11 
THOMPSON-SMITH Molly
12 HIRANO Natsumi
13 LUKAN Vita
14 KOTAKE Mei
15 CHANOURDIE Julia
16 SHIRAISHI Ashima
17 KAZBEKOVA Levgeniia
18 
ROGORA Laura
19 SCHRANZ Christine   
20 NONAKA Miho
21 VERHOEVEN Anak 
22 KALAN Tjasa 
23 HAYES Margo
24 ITO Futaba
25 FISER Julia 

ほんじゃまた。

関連記事
ボルダリングワールドカップ2018年 年間ランキングTOP20 Instagram Account 女子,

ボルダリングワールドカップ2018年 年間ランキングTOP21 Instagram Account 男子 

ボルダリングワールドカップ2019年 年間ランキングTOP20 Instagram Account 最終

リードワールドカップ2018 年間ランキング TOP 25 Instagram Account 男子

リードワールドカップ2018 年間ランキング TOP 25 Instagram Account 女子

リードワールドカップ2019 年間ランキング TOP 25 Instagram Account 男子

2019年10月26日(予選) 10月27日(準決勝・決勝)
リードワールドカップが印西(日本)
で行われました。

準決勝結果
MEN
GINES LOPEZ Alberto
BAILEY Sean
MCCOLL Sean
GHISOLFI Stefano
SHIMIZU Hiroto
HADA Yuki
7 TIMMERMANS Loic

GRUPPER Jesse
NARASAKI Meichi
10 
TANAKA Shuta
11 
POPE James
12 
SUGIMOTO Rei
13 
HOMMA Taisei
14 LORENZI Simon

15 
HALENKE Sebastian
16 IARILOVETS Nikolai

17 
KONECNY Jakub
18 
SAMOILOV Fedir
19 KORENAGA Keiichiro

20 
FUJII Kokoro
21 RUANA Rundolph

22 KIM Hanwool

23 
COLEMAN Nathaniel
24 
BOMBARDI Marcello
25 
HARADA Kai
26 POSCH Mathias

WOMEN
JANJA Garnbret 
KIM Jain
SEO Chaehyun
NOGUCHI Akiyo
5 TAJIMA Aika
ROGORA Laura
7 NONAKA Miho

TANII Natsuki
THOMPSON-SMITH Molly
10 GIBERT Fanny
11 DOUADY Luce

12 ITO Futaba

13 
HAYES Margo
14 
CONDIE Kyra
15 
HIRANO Natsumi
16 
RAKOVEC Lucka
17 
FISER Julia
18 
DOUMONT Heloise
19 LETTNER Sandra
20 MORI Ai

21 
SCHRANZ Christine   
22 
MIA Krample
23 OTA Risa

24 HIROSHIGE Yuki
25 HAFSAAS Tina Johnsen

26 MESHKOVA Viktoriia


動画

決勝結果
MEN

優勝 
SHIMIZU Hiroto
ワールドカップ初優勝が、地元日本!!
準決勝の結果見て、正直
GINES LOPEZ Alberto
が勝つの思ってたので、素晴らしいパフォーマンス。

WOMEN

優勝 KIM Jain
ケガや、若手の台頭もあり、なかなか勝てなかったけど、今決勝唯一の完登で優勝
この瞬間の為だけでも、観に行けば良かった。

決勝動画


ほんじゃまた。

2019年10月19日(予選) 10月20日(準決勝・決勝)
リードワールドカップがXiamen(中国)
で行われました。

準決勝結果
MEN
HARADA Kai
ONDRA Adam
GINES LOPEZ Alberto
GRUPPER Jesse
NARASAKI Meichi
BAILEY Sean
HOMMA Taisei
NARASAKI Tomoa
POPE James
10 
HALENKE Sebastian
11 
FUJII Kokoro
12 
BOMBARDI Marcello
13 
FLOHE Yannick
13 
GHISOLFI Stefano
15 
KONECNY Jakub
16 HANKE Christoph

17 
PAN YuFei
18 RUBTSOV Aleksey

19 
STRANIK Martin
20 PICCOLRUAZ Michael

21 KHAZANOV Alex

22 LEE Dohyun

23 SHEVCHENKO Vladislav
24 LEE Sungsu

25 DESGRANGES Romain


WOMEN
JANJA Garnbret 
SEO Chaehyun
ZHANG YueTong
KIM Jain
NOGUCHI Akiyo
KAZBEKOVA Levgeniia
TANII Natsuki
MORI Ai
RAKOVEC Lucka
10 
FISER Julia
10 
HIRANO Natsumi
10 KIM Lan

10 
ROGORA Laura
10 ROMAIN Salome

10 SCHRANZ Christine

10 TAJIMA Aika

10 
THOMPSON-SMITH Molly
18 HIROSHIGE Yuki
19 
REKABI Elnaz
20 
CHANOURDIE Julia
20 
HAYES Margo
22 
DOUMONT Heloise
23 KRASOVSKAYA Elena

24 MIA Krample
25 
SHIRAISHI Ashima
26 
KOTAKE Mei
27 POTAPOVA Nika

動画

決勝結果
MEN

優勝 
ONDRA Adam

WOMEN

優勝 SEO Chaehyun

決勝動画


HOMMA Taisei 
が準優勝!!

HARADA Kai
 
は完登してれば優勝だったけど
ゴール落ちでかなり惜しかった。

女子は、
SEO Chaehyun
がワールドカップ4連勝!!
この勢いがどこまで続くか楽しみ。


ほんじゃまた。

↑このページのトップヘ