Voicy大好きジムボルダラー妄想記

Voicy拝聴記録とボルダリングコンペを語るブログ。

カテゴリ: 自己紹介

日々楽しく生きられてるから、
目標なんかいらんやんw
ってことで目標から逃げてきた。
営業ちゃうから、数字の目標って立てづらいし。

そこから2018年下記2大変化により、
目標って必要かもって思い始めた。

①職場でカスタマーサービス統括マネージャーっていう大層な
肩書をもらってしまったこと。

②Voicyと出逢い
各パーソナリティが目標やビジョンの必要性を仰っていること。

でも目標って、どないやって立てんの?


これが取締役から教わったことやけど、なんか堅苦しいしムズイ。
ってことで、日々Voicyとともに過ごし(大げさwでも事実)
ているさなか、
この放送を聴いて、重い腰をあげる。

せらなつこのラジオ
#52 プロがオススメする、2019年の目標の立て方


ここで取り上げられていた、
自己理解の専門家が提案する、
2019年の目標の立て方(実践ワーク付)
 
の記事を参考に目標を立てることにする。

1. 2018年やったことの棚卸
【職場でやったこと。】
・¥20,000/月を支給するので、
何か部署の成長に役立つことを提案してと伝える。
ストレングスファインダー本を部署全員に支給。
部署内ランチ。新人主催の歓迎会。
・賞与支給の査定制度を一旦廃止。
・役会に参加

【プライベート】
・Twitter発信
・ブログ開始(アマゾンアフィ、グーグルアドセンス承認)
・オンラインサロン参加(年末オフ会)
・ウェルスナビ
・ブロックチェーンゲーム
・FX開始・終了
・ボルダリングコンペ出場

2. 良かった点・改善点を出す
【良かった点】
・色んなことに挑戦した。
・日々楽しかった。
・新しい人と知り合えた。
・発信を始めたことで、情報が集まるようになった。
・ブログ開始で、アフィリエイト・独自ドメイン設定・
グーグルアドセンス承認まで進んだ。
・ウェルスナビで積み立てが出来ている。
・短期的な目標があることで、体重管理が出来た。

【改善点】
・会社に関することのアウトプットが一方的に話す状況になり
空回り。
・とにかく発信することを意識したので、質が悪い。
・参加だけで、コミット不足。
・勢いだけで行動していたので、思考が追い付いていない。
・ただ登っているだけで、トレーニングはしていない。

3. 人生でやりたいこと・なりたい状態
100リストを作る

74個しか出てこなかったけど、続行

4.優先順位をつけて5つ選ぶ
・ボルダリング能力向上
・旅をする
・自分を他者にさらけだす
・本業以外で収益をだす
・人の支援をしたい

5. 5つのことで2019年末にどうなりたいかを書く
・ボルダリング能力向上
1年間でボルダリングした日が130日以上
開脚170度以上
・旅をする
関東圏と実家以外に6回行く
海外に1回以上行く
・自分を他者にさらけだす
1000件以上tweetし、8割関西弁
・本業以外で収益をだす
¥10,000/月稼ぐ
・人の支援をしたい
上記収益をクラウドファンディングに

6. 6カ月、3カ月、1カ月まで分解する
①ボルダリング能力向上
・1年後:1年間でボルダリングした日が130日以上
    開脚170度以上

・6カ月後:65日ボルダリング、開脚150度

・3か月後:33日ボルダリング、開脚130度

・1か月後:11日ボルダリング、開脚110度

②旅をする
・1年後:関東圏と実家以外に6回行く
    海外に1回以上行く

・6カ月後:行く海外を決める、九州に行く

・3か月後:広島に行く

・1カ月後:中部地方に行く

③自分を他者にさらけだす
・1年後:1000件以上tweetし、8割関西弁

・6か月後:500件以上tweetし、7割関西弁

・3か月後:250件以上tweetし、5割関西弁

・1か月後:80件以上tweetし、一人称を”わえ”にする

④本業以外で収益をだす
・1年後:¥10,000/月稼ぐ

・6か月後:¥5,000/月稼ぐ

・3か月後:¥3,000/月稼ぐ

・1カ月後:¥1,000/月稼ぐ

⑤人の支援をしたい
・1年後:上記収益をクラウドファンディングに

・6か月後:¥5,000/月クラウドファンディング

・3か月後:polca以外のクラウドファンディング

・1か月後:polca1件以上

7. 1歩目を明確にする
①ボルダリング能力向上
⇒ボルダリングに行った日及び場所を記録する

②旅をする
⇒行く場所を調べる

③自分を他者にさらけだす
⇒Voicy関連以外のtweetする

④本業以外で収益をだす
⇒Openseaをもっと活用する

⑤人の支援をしたい
⇒支援基準をリストアップする

人生で初めて目標を立ててみました。
既に行動しているのもあるし

折角立てたので、達成できるように努力します。

本業の目標がないのはご愛敬ってことでご容赦を

ほんじゃまた。

去年の今頃、歯医者に通う為に仕事中抜けし
その後、近場の¥1,080-カットで3mmの坊主に。

美容師さんに、「ホントに良いんですか!?」って
2回聞かれたのを思い出すw

そのまま会社に戻って、残ってた同僚が思いっきり引いてたの
個人的には面白かったw
そんな引かんでもええやろって。

  • なぜ坊主に?
その前10年間くらいは、ショートモヒにして
髪が伸びて、センター分け出来るくらいになったら切ってもらうを繰り返してた。
なので短髪には抵抗がなかったこと。
一番は、ハゲてきたこと。が理由

結構前から、実家帰るたびに 妹に「お兄ちゃん、薄なってきたなw」
って言われてたから多少の自覚はあった。
妹以外は、気を遣ってたと思われる。
お兄ちゃんにもうちょっと気ぃ使ってもええんやでw

ボルダリングの大会にちょこちょこ出場すると、写真撮影されることがあり
基本後ろ姿になるのでハゲが目立つ( ノД`)シクシク…

それを気にして、大会中はニット帽を被るようになった。
でもくそ熱い(;´Д`) 蒸れる。

坊主には踏み切れなかったけど、ネットで 坊主 散髪頻度 って検索したら
自分で散髪出来るって凄いメリット!!
待つの嫌いで、電話で予約とかも嫌いだったから。
ただ、最初は怖かったから理容室で切ってもらった。

  • 散髪方法
坊主にした翌日、ヨドバシでバリカン購入。
5mmに設定して、2週間に1回 風呂場でバリカン。
排水溝の詰まりを気にする人がいるかもしれませんが、
髪が短いので、詰まらないです。
メガネ生活の私にとっては、耳元の処理が難しいですが
数回で慣れます。

  • 愛用のバリカン



1年使ってますが、これいいです。
充電すば、コードレスで使用可能。
180度回転するので、耳元や後ろ髪の調整も簡単。
毎回10分以内で散髪完了。

30才後半にもなると、坊主でもオシャレな髪形でも
女性受けはそんなに変わらないし
ハゲを無理やり隠すより、思い切って坊主にしてしまった方が
精神的に楽になる。
それが相手にも伝わって好感を持たれることが多いので
薄くなってきたと思ったら、坊主にすることをお勧めします。

育毛剤・植毛・かつら 色々あるけど、圧倒的に坊主がコスパ高い!!

ほんじゃまた。

REQU(リキュー)っていうサイバーエージェントがやっている
知識や特技を販売出来るサービスを利用してみた。


このTWEETみて後で確認しようと思ってすぐいいねしといた。

ただ消費するだけじゃなくて、自分の身になる何かがここにあるかも知れないと。

TWITTERのプロフ写真が携帯で撮った適当なやつだったから、
さるわたりさんの絵をみて直観で発注。

発注してから、TWITTERとかアメブロ見に行って選んで正解って思った。
B型ってのもグッドポイント、O型男子はB型女子に何故か惹かれるw

TWITTER開くたびに、ニヤってしてしまうくらいお気に入りに。

一生の付き合いになる予定なのでよろしくお願いします。

ほんじゃまた。



今日の朝、大阪で震度6弱の地震がありましたね!

それくらいでは、驚かなくなってしまった自分が少し異常かなとも思います。

まだ、本震もしくは余震がある可能性があるので、安全と水・食料の確保最優先に行動を。

終わったら、寝ましょうw

#
阪神淡路大震災、震源地の隣町で被災。

中学2年の1月14日三連休の初日に
インフルエンザ発症。
せっかくの休みにインフルって(涙)
お兄ぃと同じ部屋だったけど、当然隔離。
ロフトベッドに上る気力がなく、床に布団ひいて愛用のCDラジカセを椅子に載せて寝てた。
(布団をひくが、方言だって今知ったw)

1月17日(三連休明けの火曜日)の深夜に軽い揺れを感じ、起きた。
ラジオではトミーズが喋ってた。

その後、どれくらい時が経過してたかは、今では定かではないけど、凄まじい揺れで起きることも出来ず布団にくるまって震えることしか出来なかった。

階下からお父さんが駆け上がってきて、安否確認。

家族でなんやかや話している内に、そういや学校休み?ってことに。
お兄ちゃんは、学校行ったでって!
結果当然のように休みになったわけだけど、お兄ぃは高校行って先生に軽く怒られたって言ってたw
淡路島から島外の高校に船で通ってたんだけど、船の着側の桟橋が沈んでたらしい。

そうこうしてる内に、同級生が震災の状況確かめに行かへん?って誘いにきた。

その誘いに軽く載って、チャリで散策。
道路のあちこちにヒビが入ってて、現実感のない感じだった。
後日わかったことだけど、誘いにきた友達の家は、結構傾いてたw
誘いにくる場合ちゃうやろ!って今になっては思う。

その夜、寝ようとしたけど興奮なのか恐怖なのかで全く寝付けず、中2にもなって恥ずかしかったけど親に言って一緒に寝てもらった。

これが、1番重要だったと今になって思う。
充分な睡眠に、健康と健全な精神が宿る。

我が家が築1年程だったことと、地盤がしっかりしてたこともあり被害が最小限で済んだ為、知り合いに空いてる部屋を提供。

ストレスが溜まる環境だったけど、その前にちゃんと寝れたから耐えられた。

被災した時は、1人だと精神的にも肉体的にも辛くなるので恥ずかしがらずに誰かに頼りましょう。
精神的な安定感を持つことと、少しでも睡眠をとることがその後の復興につながります。
ただ、復興のことなんて考えられないと思うのでシンプルに寝ましょう。

それでは皆さん、少しでもゆっくり眠れますように。







最近、いろんな人の意見や経験を、
聴く機会が多くなってきた。

そこで感じるのが、どれだけ自分が恵まれた環境で
育っていたかということ。

1.奨学金なしで大学迄通わせてもらったこと。

実家が自営業で、そんなに裕福だとは感じていなかったけど
お金で不自由を感じたことがなかった。
それなのに全然足りないと思っていたのが、
本当に申し訳なく感じるとともに有難かった。
奨学金の返済で、自由に使えるお金が少ない
後輩とかの事とかを考えると、如何に恵まれた環境だったのか。

2.母親が大らかだったこと。


この回で、母親が大らかで笑顔な環境で育った子供は
これからの未来で活躍しやすいというような事が発言されていて
自分が活躍出来るかどうかはおいておいて
ホントそうだよなあって感じる。
(このコラボ回と次回に関しては、とても短時間では語れないので後日。)

何かトラブルが起こったとしても、最悪何とかなるって
感じの母親だったので、チャレンジすることに恐怖心を覚えず育った。
高所恐怖症とか暗闇恐怖症とかはあるけどw

このマインドセットがあるから、勤め人とはいえ
かなり自由に仕事が出来て、それなりの給与がある。

親孝行出来てないけど、本当に感謝してます。

ありがとう。






↑このページのトップヘ