ほんっと~に、見ごたえのある最終戦でした。

女子準決勝最終課題
伊藤ふたば選手、後1秒あれば決勝だったんですが、、、

野中生萌
野口啓代両選手がしっかり決勝進出。
年間優勝争いが、決勝まで決まらない流れ。

男子は、Jernej Kruderが、決勝進出し、
楢崎智亜選手が、準決勝9位。
この時点で、Jernej Kruderの年間優勝が確定。



決勝

女子からスタート
日本時間深夜1時からで、寝落ちしかけてた自分を
目覚めさせてくれる展開。

野口啓代野中生萌Janja Garnbret
がアテンプト差、何も決まらない状態で、最終課題まで突入。

一番不利な状態の野口啓代選手が、フラッシュ!

続く野中生萌選手、緊張感のあるなか見事フラッシュ!!

年間優勝決定!!!

ゴールマッチに震えてたように見えた。

Janja Garnbretもあっさりフラッシュ!!
4課題全フラッシュで、圧巻の優勝!
年間ランキングは関係なく、そこまでの緊張がなかったとしても
強すぎた!!




続いて男子

こちらも最終課題まで、Mawem Mickael以外の
5選手に優勝の可能性がある展開で、且つ
誰も登れていない課題のない、盛り上がった状態。

Gregor Vezonik
がフラッシュで優勝決定!
初優勝!!
イケメンなので、おでこにチョークが付いてて(毎回付いてる)も格好いい。
真似したいけど、イケメンちゃうし、気づかれへんやろうなw

結果、最終課題は全員完登(しかも5人は、フラッシュ)

今シーズンのフィナーレとして、
各自の凄さ、を見せつける最終課題になっていました。

女子結果
男子結果

3週間後には、世界選手権があり、その間にLeadのワールドカップもあるので
まだまだクライミングコンペシーズンは終わりません。

ほんじゃまた。