Voicy大好きジムボルダラー妄想記

Voicy拝聴記録とボルダリングコンペを語るブログ。

想いは言葉にしても伝わらないことも多いのに
言葉にしないなんて言語道断。

バックグラウンド業務をなりわいとしていることもあり
周りに受け身体質の人が多くいます。

ルールを決められないと行動出来ないって考えをどうにか変えさせたい。

その一環として、部内で会社の予算とは別で個人の財布から数万円出すので
使い方を考えるようにとの宿題をだしてみました。

一番多かったのがノー残業デーを作って欲しい。でしたw
ぜひ自分たちでルールを決めてやって下さい。

二番目 部内でコミュニケーションの機会をつくる為にランチw
それくらいいつでも行きます。

資格受験補助、合格したらそれくらい出しますよ。世界史検定とかは勘弁して欲しいから
ルール決めてあげないとねw

とりあえず最初なんで、これから先良案が出てくることに期待。





今シーズンのボルダリングワールドカップ開幕戦
マイリンゲン大会で印象に残ったのが
Sandra Lettner選手
調べると

IFSC Youth World Championships Combined - Innsbruck (AUT) - 2017

Ashima Shiraishi選手に勝ってるんですね。

この大会観てたはずなんですが、覚えてなかった!
Combined(ボルダリング、リード、スピード混合のオリンピックスタイル)
とはいえ世代最強選手と言っていい選手に世代最大の大会で勝っているのは凄い。

https://www.meinbezirk.at/voecklabruck/sport/sandra-lettner-gewinnt-jugend-wm-titel-in-der-olympischen-kletterkombination-d2246324.html

この記事にもあるけど、何度もワールドユースに勝ってるAshima Shiraishi選手
登れなかったボルダーを、登れているのが彼女の才能を物語っていると思う。
次戦のモスクワ大会は出場しないようだけど、要注目の選手。


ボルダリングも楽しみだけど、Speedで楢崎智亜選手がどこまで対応出来るのか
興味津々。
スラブもすごく上手なんだけど、やっぱり野性的な動きがみたい。






結果はこちら
女子
男子

まず、女子決勝から。
初戦から面白い。
2課題目 野口選手Shauna選手と他選手のムーブの違い。
3課題目 完登した選手達のムーブが全部違う。

今大会のShauna選手は未だ全開じゃない感じ、4課題目はかわいそうだった。

Janja選手は今年も強い。リードだとさらに圧勝しそう。

野中選手優勝おめでとう。完璧な登りで壮観。

野口選手4課題目次第で優勝の可能性あったけど残念。
でも去年は21位で予選落ちだったことを考えれば、GOOD START。

それにしてもSandra Lettner選手 強い。AustriaでAnna選手に続く選手として期待。


男子
1課題目、5位タイ通過の3人しか登れない面白い出だし。
2課題目、コーディネイションでもしなくても。
3課題目、Manuel選手観てて気持ちいい。
4課題目、Jacob選手つえ~!

って感じ。
Jernej選手の動きキレキレだった。
優勝おめでとう!

新ルールになって、トライの仕方に変化は感じなかった。
でも、準決勝の結果をみると特に男子は対応したほうがよさげ。

来週のモスクワも楽しみ


↑このページのトップヘ